近年、見込顧客育成の手法としてマーケティングオートメーションを導入している企業が増えてきました。また、育成した顧客へのアプローチ手法としてインサイドセールスを導入している企業も増えています。

本セミナーでは、多くの大手企業様に対し、BtoBインサイドセールス支援の実績を積み上げてきたりらいあコミュニケーションズと、マーケティングオートメーションによる顧客エンゲージメントを世界から日本国内へ浸透させたマルケト(現アドビシステムズ)が、営業の成果を最大化させるしくみについてご紹介いたします。

こんな方にお勧め

  • マーケティングオートメーションの導入を検討している方
  • インサイドセールスをこれから始めようと検討している方
  • マーケティングオートメーションやインサイドセールス運用に課題を感じている方
  • セールス人財が不足していると感じている方
本セミナーは、ご参加希望者が予定定員に達しましたため、受付を終了させて頂いております。
またの機会のお申し込みをお待ち申し上げております。

プログラム

15:30~15:40 開会挨拶

りらいあコミュニケーションズ株式会社 代表取締役社長 網野 孝

第1部 15:40~16:20
収益プロセスを加速させる Marketo Engage

テクノロジーの進化と共に、お客様の情報収集や製品・サービスの選定方法も多様化しています。そのような変化に伴い、「マーケティングオートメーション」が営業活動を効率化し、営業にもたらすメリットとは何か?というようなマーケティングテクノロジーにも興味・関心が集まっており、多くの企業が導入・活用することで成果を創出しています。

・いま企業や消費者を取り巻く環境で起きている変化
・マーケティングオートメーションとは何か?
・Marketo Engageの顧客成功事例
・成果創出までのステップと導入検討のポイント

についてご紹介致します。

アドビ システムズ 株式会社
ソリューションコンサルティング本部
シニアマネージャー 三橋 秀太

2015年1月よりマルケト(現アドビシステムズ)のソリューションコンサルタントとして、お客様のマーケティングを成功につなげるソリューションを提案。前職の富士通株式会社では、salesforce.comなどの業務アプリのSE・コンサルタントとして日・米において製造業・金融・保険業界を中心としたお客様での導入プロジェクトのリードや、グローバルソリューション開発を担当。

第2部 16:20~17:00
人と人とのアナログなコミュニケーションを定量データ化、インサイドセールスの効果を最大化するしくみとは

インサイドセールスを行う上で最も重要な課題は”運用”です。人と人とのコミュニケーションで得られる「アナログデータ」と、マーケティングオートメーション運用によって得られる「デジタルデータ」、それぞれのセールスコミュニケーションから得られるデータを融合し、営業成果を最大化させるためのヒントをご紹介します。

りらいあコミュニケーションズ株式会社
国際・ITサービス本部コミュニケーション事業部第三サービス室
室長 木嶋 大五

2010年りらいあコミュニケーションズ入社以降、大規模BPOセンターのセンター長をはじめ、様々なオペレーションのマネジメント及びコンサルティングを担当。2016年より、当社BtoBセールスソリューション(インサイドセールス)強化のプロジェクトマネージャーに就任。当社独自のセールスオペレーションシステム「STARMAN」の企画開発、及びセールスオペレーションの専門拠点「Relia Sales Base(りらいあセールスベース)」の開設を推進。現在は、BtoBセールスを中心に、全国60社以上のお客様企業の業務を統括マネジメント。

開催概要

  • 開催日時 2月18日(火)15:30~17:00
  • 受付開始時間 2月18日(火)15:00~
  • 料 金 無料(事前登録制/当日は名刺を2枚ご持参ください)
  • 開催場所
    りらいあHRDセンター
    東京都渋谷区代々木2-10-12 JA東京南新宿ビル 9F
    https://goo.gl/maps/Cr9DPk7mrbrx3V3P6
  • 主催者
    りらいあコミュニケーションズ株式会社
    https://www.relia-group.com/
  • 共催者
    マルケト(現アドビシステムズ株式会社)
    https://jp.marketo.com/
  • 定員 80名
本セミナーは、ご参加希望者が予定定員に達しましたため、受付を終了させて頂いております。
またの機会のお申し込みをお待ち申し上げております。